世界陸上リレーの日本代表は誰?男子リレーメンバーを紹介!

スポーツ

9月27日より、カタール・ドーハで世界陸上2019が開催されます。

数多くの競技があるなかで、メダルの期待が高まる男子リレーに注目している人も多いのではないでしょうか?リレー種目の中でも男子4×100mリレーは、金メダルも夢ではない注目競技です。

個人種目では海外選手に歯が立たなくても『リレーならメダル取れるんじゃないの!?』という期待感がありますよね。

さらに今回の世界陸上リレーでは、サニブラウン・ハキーム選手が今まで出場のなかった4×100mに参加することが現時点で有力です。100m日本記録を持つ切り札が加わって、前回2017年大会の銅メダル越えを狙っていきたいところです。

今回の記事では、
・世界陸上2019の日本代表リレーメンバーの紹介
・レース展望
・前回2017年大会決勝のおさらい
などを紹介していきます。ぜひ参考にしてください♪

世界陸上リレー日本代表4×100mリレーメンバーは?

メダルを目指す世界陸上リレー。今回は、
①小池祐貴選手
②白石黄良々選手
③桐生祥秀選手
④サニブラウン・ハキーム選手
ケガ人が出なければ、以上のメンバーでバトンをつないでいくことになります。

4選手中3選手が100m9秒台。最強の布陣と言ってもいいかもしれません。

第1走:小池祐貴

100m自己ベスト:9秒98

7月のダイアモンドリーグで100m9秒98を記録し、日本人3人目の9秒台選手となりましたが、決して満足はしていません。9秒98を出したこのレースでも4位だったことを悔いるなど、タイムより結果にこだわるのが小池選手。

世界陸上やオリンピックの決勝で戦うことを目標としていて、世界のトップと肩を並べることを狙っています。

第2走:白石黄良々

100m自己ベスト:10秒19

6月に行われた日本選手権200mで、今回のリレーメンバーであるサニブラウン・小池・桐生選手に次ぐ4位に入った白石選手。

7月のダイアモンドリーグでは、有力選手のケガなどが重なり、4×100mリレーのアンカーに大抜擢。大役を任されながらも伸びのある走りをして、37秒78。日本歴代3位のタイムを叩き出し、本番に強いところを見せました。

続く世界陸上でも結果を残せば、一気に東京オリンピック代表候補に名乗りを挙げてきます。

ちなみに黄良々(きらら)という珍しい名前は、映画『幸福の黄色いハンカチ』が大好きな母親に『人に幸せを与えられるように』と名付けられたそうです。

第3走:桐生祥秀

100m自己ベスト:9秒98

2016年リオオリンピック(銀メダル)、2017年ロンドン世界陸上(銅メダル)をリレーメンバーで唯一経験している桐生選手。初参戦となるサニブラウン選手にバトンを渡す重要な役割を担います。

5月に行われた世界リレーでは初めてアンカーを務めましたが、バトンミスによりまさかの失格。アンカー起用は東京オリンピックに向けて、バリエーションを増やす狙いもありましたが、悔しさが残るレースでした。

今回の世界陸上では、得意の第3走を任された桐生選手。4人の中でもリレー経験値は抜群で、間違いなく日本代表のキーマンとなります。

https://twitter.com/athleteboo/status/1175674457349709824

第4走:サニブラウン・ハキーム

100m自己ベスト:9秒97

日本代表リレーの実戦デビューに向けて、コーチ陣とも話し合い、200mの出場を見送った今回の世界陸上。ケガによる欠場のリスクを避け、4×100mリレーと個人100mに絞ったことで、メダルはもちろん、リレー日本記録の37秒60も射程圏内です。

200mを欠場することのメリットは、9月28日の100m決勝から中5日でリレー予選を迎えられ、バトン連携を深める時間を作れるところにもあります。

リレー初参戦で不安材料は多少ありますが、アンカーを任せてバトン受けに集中してもらうことで、爆発力のある走りに期待が掛かります。

世界陸上リレー日本代表のレース展望

メダルを争う上で最大のライバルになるのが、イギリスとアメリカです。

イギリスのバトンパスは現在世界一と言っていいほど安定感があり、7月のダイアモンドリーグでは日本記録と同じ37秒60で優勝しています。

アメリカは何と言ってもガトリン選手に注目が集まります。来年での引退を表明しているベテランはいまだ衰え知らず。さらにライルズ選手やコールマン選手がいて、個人の力だけで見たらNo.1でしょう。

その他には中国、フランス、カナダも力があり、予選から油断ができないレースが続きます。

日本としては、第1走の小池選手は個人の100m、200mに出場し、連戦となるためコンディションがどうか。また、第2走の白石選手が引き離されないことが一つのポイントです。

第3走の桐生選手までバトンミスがなければ、桐生ーサニブラウン選手の日本最強ホットラインでイギリスとアメリカに勝負を仕掛けることができます。

とにかくバトンミスをしないことが大前提。金メダルを狙うなら日本記録の37秒60を切るレースをしなければいけません。

世界陸上リレー2017のおさらい

最後に前回大会、世界陸上2017の決勝を振り返っておきましょう。

Twitter

1位:イギリス 37秒47
2位:アメリカ 37秒52
3位:日本   38秒04
4位:中国   38秒34
5位:フランス 38秒48
6位:カナダ  38秒59
7位:トルコ  38秒73
※ジャマイカは途中棄権

ボルト選手現役最後のレースが、まさかのゴールできずに終わるという、波乱の展開となった前回大会。何が起こるか最後までわからない、リレーの怖さを見たような気がしました。

世界陸上2019の男子4×100mリレーは日本時間で、
10月5日(土)午前3時05分が予選
10月6日(日)午前4時15分が決勝となっています。

早朝ではありますが、目が覚めるほどの戦いが期待できます。ぜひ日本のメダル獲得を見届けましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました