平岡卓(ソチ五輪銅メダル)がひき逃げ事故で飲酒運転?場所はどこ?

ニュース

男子スノーボード・ハーフパイプでソチ五輪銅メダルを獲得した平岡卓選手(23)がひき逃げ事故を起こしたことが明らかになりました。

さらに飲酒運転の疑いがあり、警察から事情聴取を受けていたことも判明しています。

9月29日(日)の午前9時55分頃、平岡卓選手の運転する車が、奈良県葛城市新庄の県道を走行中、40歳代女性の運転する軽自動車と事故を起こし、女性はケガ。

しかし、平岡卓選手は現場から立ち去ってしまったとされています。

奈良県御所市出身のプロスノーボーダー、平岡卓選手。ロシアで開催された、2014年のソチ五輪で、日本人初となる銅メダルを獲得する快挙を達成しました。

去年の2018年韓国、平昌五輪では、13位で予選敗退となっています。

今回は、

・平岡卓選手のひき逃げ事故は飲酒運転だったのか?
・平岡卓選手のひき逃げ事故の場所はどこか

などについて書いていきます。

平岡卓(ソチ五輪銅メダル)ひき逃げ事故!飲酒運転だった?

奈良県で起こった今回の事故。平岡卓選手の乗用車が、40歳代女性の運転する軽自動車に追突する形での事故だったようです。

女性の運転する軽自動車は、平岡卓選手の車に追突された後、衝撃で歩道に乗り上げてしまいます。その際、歩道にいた4才の男の子や39〜49歳の男女3人、計4人と接触し、軽傷ではあるものの、さらに大きな事故になっていた可能性もあります。

平岡卓選手は警察の事情聴取に『酒を飲んで運転していて、怖くなった』と話しており、容疑を認めています。

今後の警察の捜査は、軽自動車の女性との事故に加えて、その他4人にケガをさせてたことの刑事責任についても捜査していくようです。

平岡卓(ソチ五輪銅メダル)のひき逃げ事故の場所はどこ?

今回、平岡卓選手がひき逃げ事故を起こした場所についてですが、奈良県葛城市新庄の県道、山麓線のようです。

近くには、新庄中学校や市民体育館、屋敷山公園がありますが、ひき逃げ事故の現場は、葛城市南藤井17『屋敷山公園駐車場前』の可能性が高いと言われています。

まとめ

・平岡卓選手がひき逃げ事故を起こし、さらに本人が飲酒運転だったことを認めている。
・平岡卓選手がひき逃げ事故を起こした場所は、奈良県葛城市新庄の県道(山麓線)『屋敷山公園駐車場前』

などについて紹介しました。

平昌五輪からの復活を期待していただけに、残念なニュースとなってしまいました。

被害者のケガが、早く回復することを祈ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました