台風19号九州への進路は!?三連休はどうなる?2019年最新情報

台風

台風がまたしても発生です!今度は台風19号。2019年も台風が多いですね~。体育の日を含んだ10月12,13,14日の三連休にかけて、日本列島に接近しそうです。

私は九州在住なのですが、最近は連休のたびに台風が来ているような気がします。

今回の台風19号は『ハギビス』という名前が付いたのですが、フィリピンが提案した名前で、『すばやい』という意味があるそうです。『すばやい』という名から想像するに、猛烈な勢いなのかもしれません。今年最強の台風というニュースもあり、進路次第では警戒が必要です。

この記事では、

・台風19号が九州に影響はあるのか?
・台風19号の進路はどうなるのか?

二点について、書いていきます!

2019年最新、米軍合同台風警報センター発表の台風19号の進路予想を確認し、九州にどのような影響があるのか見ていきましょう。

台風19号九州への影響は?

台風19号は、30℃くらいの海面水温の暖かい海域をゆっくりとした速度で、西よりの進路をとり、かなり発達する予想が出ています。

台風19号の規模は、予報通りにいくと、今年最大級の台風になる可能性が高いです。11日金曜日に沖縄や奄美諸島に接近、さらに三連休にかけて、西日本を中心に日本列島への影響が心配されます。

被害をもたらした台風18号と似た進路になるのではないかという報道もされています。九州から紀伊半島に上陸の可能性が高いのではという報道もあり、10日木曜日の朝6時で最大風速60m、最大瞬間80mレベルの台風に発達するという予想もあるほど、危険な台風になる可能性があります。

日本に接近する進路予想が多いですが、今現在日本とは距離があり、進路の予想が難しい状況では
ありますので、今後の情報にも注意が必要です。

 

三連休前の金曜日くらいには、鉄道や飛行機、通勤通学に影響が出てくることもあると思いますので、交通情報のチェックを欠かさないようにしましょう。

また、停電などの万が一の事態に備えて、スマホの充電やバッテリーの準備をしておくと安心です。

九州在住の方や九州に予定のある方、楽しみな三連休かと思いますが、まだ予定は立てずに台風19号の動向を追っていきましょう。

台風の進路予想は、一日、数時間でも変化します。こちらの記事でも最新情報がわかり次第、随時追記していきますね。

台風19号の進路をチェック!

米軍合同台風警報センター(JTWC)の台風19号の進路予想では、

10月6日3時現在、台風19号は勢いを持って発達し、西または北西方向の進路で、11日の金曜日には、かなりの大きさで日本の南に接近する予想となっています。

この台風19号は、日本列島を縦断する可能性も大いにあります。

今後の情報に注意しつつ、水曜、木曜日あたりには、被害に備えたあらかじめの準備をしておきたいところですね。

まとめ

・台風19号は前回18号と似た進路で、九州に影響を与える可能性は高い
・台風19号の進路は、沖縄、奄美諸島から接近し、日本列島を縦断していくことも考えられる

台風シーズンの最後に最大級の台風19号が発生しましたが、皆さまのお役に立てればと思い、情報をまとめてみました。

今後の台風19号情報に注意し、早めの準備をすること。日本に接近したら、安全第一で、ご自身やご家族の命を守る行動をするようにしましょう。

台風19号が日本から離れて、良い三連休が迎えられることを願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました