旦那へのストレス爆発!イライラが限界突破する前の対処法

未分類

『うちの旦那なにもしねー』
『家に一緒にいられるだけで苦痛』

夫婦は1番身近な他人。他人同士が生活を共にするわけだから、ストレスが溜まるのは普通のことなのかもしれません。旦那が家にいるだけで心身の不調をきたし、病院で検査してもわからない、主人在宅ストレス症候群と呼ばれる病もあるそうです。

こんにちは、3児の父shi-shiです。たまーにではありますが、奥さんにイライラされている私が旦那目線から見たストレス対処法を
旦那へのストレス半端ない奥さんに向けて書いていきます。

心身の不調や最悪なケース、離婚となってしまう前に記事で紹介する対処法を一度試してみてください。夫婦関係を改善できるかもしれません。

旦那へのストレスはどこからやってくる?

旦那に対するストレスの原因はどこにあるのでしょうか。
奥さんに対する理解が足りないことが根本の原因だと思ってます。3つ挙げてみました。

不平等感

子供のいる夫婦は特に出産後、奥さんは子供のペースにならざるを得ません。 そこで旦那との時間感覚の差が生まれます。しかし、旦那を見てると子供が生まれる前と後で生活リズムが変わってない。

休みの日に趣味を優先。家事分担も今まで通り。自分のペースで過ごしている。
『あれ?おかしくない?』
この不平等さにストレスを感じるのです。

父親としての自覚

旦那がよく言う
『なんか手伝うことある?』

この『手伝う』ってなんでしょうか。
『手伝う』という言葉の裏に【本来しないことだけど、してあげる】
がある気がして、そもそもおかしいと思うのです。

家事をやるのは、子供がいるんだから当たり前です。夫婦なんだから当たり前なんです。
奥さんはお母さんではないのです。いつまでも大きな子供のように、父親としての自覚がない旦那にはストレスを感じるでしょう。

共感

例えば、いつもはなにもしない旦那が家事をする際、奥さんはできる・できないをそれ程求めていないはず。(できていない時の伝え方は後述)
それよりも協力する姿勢を普段から旦那に見せてほしいのです。

『なんでわたしばっかり頑張ってるんだろう…』
こんな思いがあるのなら、旦那の共感が足りていない証拠。
共感がなければ協力してくれるはずもなく…

もっと家事・育児の大変さを共感して欲しいのです。

イライラの限界…対処法はあるの?

旦那に理解させて協力してもらう、協力するのが当たり前のレベルになってもらうのがゴールです。

その場しのぎの対処法は考えればいろいろあると思います。それを試してみるのもいいでしょう。
ただそれは一時的なものでしかなく、根本的な解決には至りません。

大事なのは大変さを理解させ協力させる。旦那の行動が改善されなければ意味がありません。
結局その場だけしのいでも、再び繰り返されれば、奥さんのストレスは蓄積されていきます。

伝え方に工夫をして、ストレス・イライラに対処していきましょう。

否定せずに褒める

我慢はもちろん良くないです。しかし、旦那に不平不満があったとしても男はプライドの生き物です。

ぶつけるように『これやってよ!』『もっとこうしてよ!』と伝えても『宿題しなさい!』と言われる子供と同じで『なんでやんなきゃいけないの』『全然やり方わかんねーし』となるのは目に見えてます。

また、協力してくれた後にできてないことを指摘してはいけません。
『全然やり方違う!』
『自分でやった方が早い!』
などと思わず旦那を教育するつもりでいきましょう。

男はプライドの生き物。ここで否定してしまったら二度とやってくれません。
まずは褒めることが大切。『ありがと♡助かる〜♡次はこうしてくれたら完璧♡』とおだてておきましょう。

論理的に伝える

旦那に理屈っぽく、言われた経験はありませんか?全ての男女に当てはまる訳ではないですが、男は『~だから、~なんだ。』と論理的に物事を捉えることが多いと思います。

対する女性は心情を察してほしい、わかってほしいという気持ちから
『大変なんだから手伝ってよ!』というふうに感情的に伝えることが多いのではないでしょうか。

『早めに家事終わらせてのんびりしたいから、これお願いしてもいいかな?』
というふうに伝える際には感情的にではなく、落ち着いて論理的に伝えると旦那には効果があります。

プチ家出

否定せずに褒めた。論理的な伝え方もした。
それでも一向に変わらないバカな旦那には
強制的に理解させるようにします。家を一回出て行ってしまいましょう。

『今日友達とごはん行ってくるからその間子供よろしくね~♪』と言い残し出ていきましょう。
今まで協力してこなかった旦那は大抵
『え、ちょ、まって、どこ行くの?何時に帰ってくるの?え、どうすりゃいーの』的な反応をするはず。

こうなってしまったら父親としてやるしかありません。子供は待ってくれません。自分のペースもくそもありません。そこで気づくと思うのです。『こんな大変なことを毎日やってくれてるんだな…』

とにかく任せてみる。
やらせないと大変さをいつまでたっても理解させることはできないし、理解させればストレスも減るはずです。

ここまでしても変わらねー奴はどうかしてます。その時は離婚も視野にいれてもいいのではないかと私は思います。

旦那とわかり合うために

旦那と夫婦生活を送るには、 旦那のできない所を認めることも大切です。
期待しすぎてもストレスが溜まるだけ。それよりもできているところ、してくれているところに目を向けた方が精神衛生上いいと思います。

まったく協力的じゃない旦那も少しのきっかけで変わることもあるはず。今回紹介した対処法がそのきっかけになってくれたら嬉しいなと思います。

奥さん向けにこの記事を書いていますが、最後に世の旦那にひと言…
『今日は一日俺が家のことやるから、どこか行っておいで~』をやるべき!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました